おしるこファンタジー

アジフライとモツ鍋と

後部座席シーン

僕が当時コンビでお笑い芸人をやっていた頃。

 

相方が勤めていたバイト先のお兄さんお姉さん方とフットサルを相方含めて毎月一回やるのが恒例だった。そんなフットサルチームで良くしてくれた男性Mさんが地元の仲間ともサッカーやフットサルをやっていて時々そちらにも顔を出していた。そんな時、何故そうなったかは思い出せないのだけれどMさんの地元の男性の自宅へ泊まることになった。その人は結婚していて奥さんが家にいた。奥さんもMさんとは元々学生時代の友達だったのかそのへんの記憶も曖昧だ。色々お酒飲んだりしながら夜も更けていき旦那さんは隣の部屋で先に寝てしまった。自分とMさんと奥さんと3人でウダウダ話をしている中、僕が奥さんに質問をしたのだったと思う。

「なんで、旦那さんと結婚したのですか?」

そこから2人の馴れ初めを聞いた。ここも記憶が曖昧なのだけど奥さんの行きつけのバーの店主だったかに「結婚するなら2番目に好きな人と結婚するといい」と言われたから結婚してもいいかなと思ったらしい。へぇー!と僕はなんだか大人な皆さんの会話を楽しみながら朝を迎えた記憶だけがある。そこからどう帰ったとかそのへんは全くおぼえていない。

 

そんな、なんてことない夜が愛しかったりする。

 

そんなことを思い出したのは、ロロの『BGM』という舞台を観たからだ。

ロロ | vol.13「BGM」official

東京から東北を車で北上して午前2時という女友達の結婚式へと向かう男2人。その旅は10年前午前2時と3人で旅をした同じルートを辿っている。そんなロードムービー的物語。

そこには、え?というキャラクターも出てきながら現在と過去が描かれている。とにかくキラキラしていて楽しくて楽しすぎて自分は泣きました。そして、なんだか切なくて。そして、愛しい夜が詰まっていた気がします。すんばらしかった!!

同時に自分の記憶から消えた記憶、消えさろうとしている記憶のことも考えました。あの人どうしてるんだっけ、もう連絡とれないんだっけ、何が好きで何が嫌いだったんだっけ、あの時何食べたっけ、天気どうだったっけ、何で会ったんだっけ…。あの時相方と同じ布団で寝ていて同時に目が覚めてたまたま目と目見つめ合ってビックリして大声で叫んだっけ、でもそれでもまたなんだか肯定されていくようなこれからの未来は100%明るいかもしんないと思わせてくれる舞台でした。

 

100%未来 feat.三浦直之(ロロ) by Enjoy Music Club(EMC) - Listen to music

 

 

また姉の結婚のことも考えた。