おしるこファンタジー

アジフライとモツ鍋と

おれたちゃ愉快な一員の木梨さん

相方石橋貴明さんをして「東のNo. 1」と言われるとんねるず木梨憲武さん。

 

木梨さんが先日単独ライブと言うかワンマンショーを開催されていて気になっていたのでツイッター等で感想を見てたんですがお客様として来ていた芸能人や一般のお客様を巻き込んでのカラオケ大会的なものとかとにかく即興性と自由度に満ちたイベントだったみたいで読んでいるだけでも面白かった。

 

伝説のいいとも最終回。

タモリさんさんまさんにダウンタウンさんウッチャンナンチャンさんの中に殴り込んできたとんねるずさん。その後爆笑問題さんナインティナインさんスマップ中居さんに鶴瓶師匠がいる中、それをかき回すようにステージ上にサンコンさんや橋田壽賀子さん等々をあげまくる壊し屋感。飄々と狂気。(とんねるずさんが出てきた時すぐに木梨さんはさんまさんのところに行った耳打ちしてたんだけどあれは何を話したんだろう。実は一番の謎だ)

 

僕、年に何回も「とんねるずのみなさんのおかげでした」の名場面が流れまくった「とんねるずの石田さんのおかげでしたSP」を見ちゃう。そこに映る木梨憲武さんのお笑い身体能力の高さに心底憧れる。ちなみに、石橋さんもすごい。とにかく無茶苦茶なのに華麗で見苦しくないのだ。あと華すごいですね。とんねるずさんって。アイドルや女優さん、アーティストとお笑いをやってもすごく見易くしてくれるあの感じはなんなのか。

 

 改めて色々見ていてとんねるずさん力に魅せられてなんとなく書きました。

 

お後に登場したのは、鶴瓶師匠…の前に、今度は木梨さんが高座へ!

木梨さんは、前日に起きた出来事をアドリブでお演りになりました!初めて座ってお演りになったとか…目の生き方とか仕種とか、当たり前ですが此方が見習うことばかり!百戦錬磨のスーパースターの底力を勉強させて頂きました…。

木梨さんがお演りになった後、鶴瓶師匠が私に一言…

「今伝えたいことをお客さんに披露する…王楽、いま木梨が演ったのは、正に〈落語〉やな?」と…仰る通りです。

信じられない一日〜5月8日〜: さんゆうていおうらくのはじめてのブログ

落語家三遊亭王楽さんのブログより。

このエピソードも大好き。