おしるこファンタジー

アジフライとモツ鍋と

地獄ではしゃいでみれば

f:id:setoguchi214:20170816234551j:image

時折ゆるいイベントを僕は青木君というイケメンと作家の尾頭はんと3人で主催しています。

本日8/16(水)は「カンペ地獄2」というイベントをやりました。

お客さんにホワイトボードとペンを渡して舞台上にいる僕と青木君にカンペを出すのです。

それを、尾頭はん(で、尾頭はんの放送作家ペンネームが尾頭カンペ地獄という)がチョイスして舞台上の特注カンペに書き込み舞台上の僕らに見せてきます。

それを、やる。

やらない時もあるけどほぼやる。

ムチャぶりイベントです。

カンペに対応したものの反応が悪くて汗をかく2人。

取り戻すために頑張る2人。

お客さんが嫌いになる2人。

もう舞台上で脳も身体も回転させすぎてバターになる2人。

 

それを見て笑う人もいれば死んだ目になる人もいる異様な空間。

 

それが、地獄というものです。

 

生きてるうちに僕は地獄を体験しましたから僕に怖いものはありません。

 

でも、死ぬときは

「天国へ。」

ってカンペ出して欲しいなぁ。